熊本ドイツゲームの会 第5回報告


第5回、6ニムト大会を開きました!

今回は会議室6ということでちょっと狭かったです。

初登場のムガルです。

指輪物語は今回もクリアならず・・。

やはりカタンは人気があります。

6ニムト大会優勝は松岡さんでした。

今回2回プレイされたプエルトリコです。

熊本ドイツゲームの会 第5回が2003/04/13にくまもと県民交流館パレアの会議室6で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、過去最多26人(男性23人、女性3人)が参加され、非常に盛り上がりました。ありがとうございました。

今回は人数の割に会場が狭く、ちょっと混雑しました。次回以降は全て広い会議室になるのでご安心を・・。

当日プレイされたゲームは、6ニムト、カタン、ブラフ、ワードバスケット、ロストシティ、ラー、アップルズトゥアップルズ、ノイ、ファンタスミ、プエルトリコ、指輪物語、 ムガル、はけたかの餌食、クーハンデル、カルタヘナ、深浦さん自作のCan'tStop系ゲームです。

当日開催された6ニムト大会は計20名が参加され、予選・決勝を行った結果、松岡さんが優勝しました。おめでとうございます!。

大会以外にもさまざまなゲームが幅広くプレイされました。数多くプレイされたのは、もちろん6ニムトもそうですが、ブラフやロストシティー、ワードバスケットあたりでしょうか。

それからプエルトリコやラーなど時間のかかるゲームをプレイしようということでプエルトリコは初めて2回プレイされました。私がプレイしたときは、まず小さな倉庫を確保し、皆の作物を腐らせようという作戦でしたが、そのうち皆が倉庫を作って、アドバンテージ無し(^^;。結局、とうもろこし出荷型で草場さんが勝利しました。

それから久しぶりに指輪物語もプレイされましたが、今回もクリアはならなかったようです。次回クリアを誓っていらっしゃいました。

今回初登場ゲームはムガル、クーハンデル、カルタヘナ、ハゲタカの餌食。ハゲタカの餌食が今回登場したのは、実は熊本紀伊国屋の洋書フェアでなぜか安く売り出されていたからです。当会のMLの情報でかなりの人が買ったようで、今熊本ではハゲタカの餌食がブームです(^^;。今回は何度もプレイされ、新定番になりそうです。

ムガルは新しい感覚の競りゲームで個人的にかなり気に入っています。最初からカードを取る人とお金を集める人とに別れる展開でした。私も途中からお金を集めだし、最後に株を売り抜けるところでお金を持っている人同士の大勝負。が、それに破れてしまいました。ところが、暴落カードがなかなか出ず、なんと一番最後まで出ない展開で逆転劇が生まれていました。で、私は最下位でした(^^; でも、面白かったです。次回も持って行くことが決定です。

クーハンデルは私はプレイしていないのですが「あそこで無理してでも猫をとるべきだった・・」とかいう声が聞こえて面白かったそうです。

今回やはり盛り上がっていたのは「ノイ」。カードを取り忘れて1枚になった人も・・。その人にSHOTはきつい(^^;

なお、前回アンケートの当選者は前田(栄)さんでした。今回の名札抽選会の当選者はマツさんでした。次回、賞品(爆走スノボーかテイク・イット・イージー)を渡します。

次回は5/11。今回は狭かったのですが、次回はまた広くなります。余裕を持ってゲームできますので是非ご参加を・・。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


なお、今回の写真を別ページにアップしています。参加者の方にはホームページのアドレスをお教えします。すでに希望者の方にはメールをお送りしましたが、アンケートで希望されなかった方でも見たい方は skohara@kdgame.com までご連絡ください。


レポートトップ