熊本ドイツゲームの会 年忘れゲーム会 報告

パーティゲーム特集でした!


パーティゲーム定番、アップルトゥアップル


熊本ドイツゲームの会 初のトランププレイ(ノックアウト・ホイスト)。


ボーナンザもプレイされました。


お約束、ワードバスケットも子供を入れてプレイ。

熊本ドイツゲームの会主催「年忘れゲーム会 パーティゲーム特集」が2003/12/28に熊本市産業文化会館第2会議室で開かれました。当日は、15人(男性12人、女性3人)が参加され、非常に盛り上がりました。ありがとうございました。

パーティゲームということで、まずはアップルトゥアップルから。最初3人でスタートし、人がくるごとにメンバーに加えていく形。どんどん人が多くなっていき、どんどん盛り上がりも大きくなる、という形でした。名作も生まれました。「ぞっとする」というお題に対して「象」・・。「ぞっとする象」だじゃれでした(^^;。

その後、スクイントにチェンジ。これまたプレイ希望者が多かったため全員で(10人以上で)プレイ。皆立ってテーブルを囲み、絵を作る人がテーブルの中央にいる形でローテーションを取りながらプレイしてみました。さすがに多人数なので、たいてい正解が出ます。答えが当たらない絵もなかにはありますが、そのような絵にかぎって答えを聞いてから見ると非常に良くできていたりします。なぜわからなかったのだろう・・。と思ってしまいました。

今度は各テーブルに分かれて、6ニムト、ノイやアップルトゥアップル、ボーナンザなどをプレイ。操り人形のテーブルもありました。初めてプレイされた方も6ニムトは大変気に入られた様子。しかし、ワードバスケットは初めてだと難しい方もいらっしゃいました。

そして、熊本ドイツゲームの会では初登場の「トランプ」。トリックテイキングゲームを学ぼうということでまずはノックアウトで軽くプレイ。お子様も参加されましたがしっかりプレイされていました。その後スペードでも、と思ったのですが時間が無くトランプはノックアウトだけで終了でした。

そして全体ゲーム「ハグル」をプレイ。これも熊本ドイツゲームの会では初プレイ。細切れにしたルールとチップを配って、制限時間内に他のプレイヤーと交換していき、最終的に高得点を目指します。交渉もスムーズにいっていたようで、その後の忘年会でもハグルの話題で持ちきりとなりました。次回以降の定例会でも誰かが作ってくるかもしれません・・。

その後の忘年会では、フラッシュ、たほいや、人狼が行われました。フラッシュでは「お正月」という時節のお題。私は一か八かの「フジカラー」で勝負。見事、もう一人いました(^^;。

また、来年も忘年会は行いたいと思いますので是非ご参加ください。

ドイツゲームトップ