熊本ドイツゲームの会 定例会報告


2/8、ガイスター大会を開きました!


ガイスター大会は参加者17人でした。


王と枢機卿はヨーロッパを舞台とした陣取り的ゲーム。


ケープからカイロへは入札を行いながら線路を延ばしていくゲーム。


ラチッタは重量級ゲーム。都市を発展させていきます。


イエローストーンパークはとても悩ましいゲーム。野生動物を逃がします。


「東京警視庁」は深浦さん自作のゲーム。東京の路線図を使います。

熊本ドイツゲームの会 第15回が2004/02/08にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:00〜20:30まで開かれました。当日は、20人(男性16人、女性4人)の参加者がありました。参加された方、ありがとうございました。

当日プレイされたゲームは、 セット、ワードバスケット、ヴィラパレッティ、ハリガリ、スティッキー、 ガイスター(ファンタスミ)、ブラフ、アトリビュート、アルゴ、アルハンブラ、 ブロックス、バケツ崩し、トランスアメリカ、王と枢機卿、ヒューゴ、指輪物語、 ピット、ラチッタ、ノイ、ブクブク、バックギャモン、ハグル、コヨーテ イエローストーンパーク、ケープからカイロへ、東京警視庁(深浦さん自作) です。

当日開催された第1回ガイスター大会は計17名が参加されました。システムは、大トーナメント大会。1試合は三回勝負で二回戦勝した方が勝利。お子様の参加もあり、盛り上がりました。優勝は宇藤さんでした。

今回は新作が多くプレイされました。定例会初登場のゲームはスティッキー、王と枢機卿、ラチッタ、コヨーテ、ハグル、イエローストーンパーク、ケープからカイロへ、東京警視庁と8つもありました。

コヨーテは周りで見ているととても笑えますが、やっている本人は真剣なゲーム。さすがに写真は掲載していませんので実際に会場でご覧ください。今回はとても人気がありました。イエローストーンパークは我慢比べ的なゲーム。皆苦しんでいたようです。

「ケープからカイロへ」は箱が小さいながら盛り上がれる線路ゲーム。「ハグル」は全体ゲーム。年末の年忘れゲーム会で初めてプレイされましたが今回は会員お方がゲームを作ってきてくださいました。7時頃残っていた人全員でプレイされました。

お子様に人気は、ヴィラパレッティやブロックス、そして指輪物語。とても盛り上がっていました。

次回は3/14。会議室2になります。是非ご参加を・・。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


ドイツゲームトップ