熊本ドイツゲームの会 定例会報告

第2回プエルトリコ大会!


プエルトリコ大会の参加は12名でした。


フォーミュラ・デ・ミニはF1ゲーム。


ブームタウンは競りだけどダイスもあるゲーム。


次回大会のサンファンもプレイ。


大勢でアトリビュートしてます。

熊本ドイツゲームの会 第26回が2005/01/09にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:00〜20:30まで開かれました。当日は、22人(男性17人、女性5人)にご参加いただきました(それ以外に見学もあり)。ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 6ニムト、ワードバスケット、カルカソンヌ、プエルトリコ、 ヴィラパレッティ、アップルトゥアップル、コロレット、セット、 クイズメーカ、ハリガリ、アトリビュート、スティッキー、サンファン、 乗車券、ラミィキューブ、禅道、ゲシェンク、Q-JET、ニュークリアウォー、 ブームタウン、魔法の森、フォーミュラデミニ です。

当日開催された第2回プエルトリコ大会は計12名が参加されました。システムは、4人3組に分け、各組1位と2位の惜敗率上位1名が決勝進出です。なお、今回用意されたプエルトリコ3つは全てタイルが日本語化されています。

今回は長時間ゲームなので優勝決定までかなりかかりましたが、そのような長時間線の中、見事松岡さんが第一回に続いて連覇を達成されました。おめでとうございます!

今回、初登場ゲームはQ-JET、ブームタウン、ニュークリアウォー、魔法の森、フォーミュラデミニでした。後ろの3つは福岡のA.B.Cの方が持ってきてくれたものです。ありがとうございました。

Q-JETはアベカエサルのリメイク。テーマは近未来レースになっていて、駒もボードも雰囲気が違いますがプレイ感覚はアベカエサルそのもの。手軽に名作が買えるように名になったのは嬉しいですね。

ブームタウンは競りゲームながらダイスもあるゲームで、金鉱を手に入れる順番を競ります。そして金鉱からはダイス目によって金が出てきます。特殊カードも派手な物が多く盛り上がるゲームです。

フォーミュラ・デ・ミニはF1の定番ゲーム「フォーミュラ・デ」のミニ版。ギアによって振るダイス目が変わるシステムで、レース好きにはたまりません。

そのほかのゲームではアトリビュートを大人数でプレイ。ドイツゲームの連想系ゲームでは名作だと思いますが、ドイツ語なのが難点。そこで当会では日本語シールを貼った物を使っています。

また、クイズメーカーも久々にプレイ。これはJAGA(日本ゲーム協会)の創作ゲームですが、ダウンロードして印刷しトランプに貼って使用しています。このゲームはクイズを作るゲームですが、他のプレイヤーがどのようなことに興味があるのかがよくわかって、素晴らしいコミュニケーションゲームになっていると思います。

また、今回は定例会後に新年会も行いました。参加者は12名でパーティゲームなどでも盛り上がりました。さらに12時からはフリータイムに9名が突入し、テーブルに本格的ゲームを広げて時間いっぱい(朝5時(^^;)までゲームしていました。

次回定例会は2/9(日)。会議室2になります。是非ご参加を・・。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


ドイツゲームトップ