熊本ドイツゲームの会 定例会報告

第4回カタン大会!


カタン大会、写真はトライソフト版。


タイムイズマネーは時間感覚が問われます。


ヴァレンシュタインは長時間ゲーム。


キャッチマウスはネズミが猫から逃げるゲーム。

熊本ドイツゲームの会 第29回が2005/04/10にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:00〜20:30まで開かれました。当日は、20人(男性15人、女性5人)にご参加いただきました。ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 カタン、タイムイズマネー、セット、ファンタスミ、フロカティサーカス、 バケツ崩し、、カークラーケンポーカー、ラックオー、ラミィキューブ、 Q−JET、ピラニアペドロ、マンマミーヤ、ブラフ、コロリンナイト、 クラウド9、ウォンテッド、キャッチマウス、クロンダイク、動物さがし、 ヴァレンシュタイン、サンクトペテルブルクモダンアート、サンチアゴ、 ヴィラパレッティ、ハリガリ です。

当日開催された第4回カタン大会は計16名が参加されました。システムは、4人で4組を作り予選、勝者が決勝というシンプルなシステムになりました。

今回はカタン歴が長い人から、今日ルールを教えてもらった人までいる中で行われましたが、全体的に接戦だったようです。優勝は前田さん、初代カタン大会優勝者が再びの栄冠です。おめでとうございます!

今回、初登場ゲームはタイムイズマネー、キャッチマウス、ヴァレンシュタインでした。
タイムイズマネーは指定時間内にお金を取ります。しかし、時計を見ては行けません。自分で1分なら1分になったと判断してストップをかけます。しかし、なかなか時間を自分の感覚で把握するのは難しいものです。ストップウォッチがゲームに付属しています。

キャッチマウスはネズミを猫から逃がすゲーム。ネズミはひもにつながれています。猫は缶です。ダイスを降り、その色のネズミを猫は捕まえようとしますので、素早く逃げなくてはなりません。これは反射神経が問われるゲームです。

ヴァレンシュタインはドイツ30年戦争をテーマとした重厚なゲーム。インストにもプレイにも時間がかかるため、今回は半分まで。しかし、重厚ながら戦闘システムはかなりウケます。塔に軍隊を投げ入れて、どれが出てくるか、というシステム。塔は内部的に引っかかるようになっているので、以前にいれたものが後から出てくる、ということもあります(^^;。

次回定例会は5/10(日)。会議室2になります。是非ご参加を・・。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。

注:そのまえに5/1(日曜)に無料イベントがあります。是非、ご参加ください。


ドイツゲームトップ