熊本ドイツゲームの会 定例会報告

第2回ガイスター大会!


ガイスター大会、参加者は20名でした。


ナイアガラは今年のドイツ年間ゲーム大賞の候補に残っています。


マニラは大好評の新作。盛り上がります


看板娘は念願の登場。


トップバナナは猿の頂上争い。子供も大人も楽しめます


ブロックスデュオは新作。2人用のブロックス。

熊本ドイツゲームの会 第31回が2005/06/13にくまもと県民交流館パレアの会議室6で13:00〜20:30まで開かれました。当日は、24人(男性17人、女性7人)にご参加いただきました。ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 トップバナナ、フォーセイル、サンファン、ピックアディリー、ブロックス・デュオ、ピラニアペドロ、ワードバスケット、ガイスター、カヤナック、マニラ、ラックオー、漁師のフリッツ、アクワイア、ハリガリ、看板娘、アップルトゥアップル、ナイアガラ、ワンスアポンナタイム、ラミィキューブ、クク、綱渡り、 です。

当日開催された第2回ガイスター大会は計20名が参加されました。システムは、トーナメント戦で、一試合3回勝負、先に二勝した人が勝利です。

今回は20名ということで最大4試合を行うトーナメント戦となり、熱戦が繰り広げられました。大逆転有り、駒が3個になる試合あり、両者赤青バレバレで戦う試合あり(^^;とさまざまな展開の中、優勝は森野さんでした。おめでとうございます!

今回の定例会初登場ゲームはフォーセイル、ピックアディリー、ブロックス・デュオ、マニラ、ナイアガラ、看板娘、綱渡りと7つも登場しました。
マニラとナイアガラは今年度の新作で注目作。特にナイアガラはドイツ年間ゲーム大賞の候補にノミネートされています。ナイアガラの滝周辺になぜか存在する宝石をカヌーで取りに行きます。川の流れは時々によって変わり、カヌーが流され滝壺に落ちてしまうことも。しかし、流れの強さを読むこともコントロールすることも(^^;ある程度は可能なので、それを読みがら宝石を人より早く集めます。ナイアガラの魅力はそのコンポーネント。滝を表すボードとその流れを表すタイルが良くできており、皆を引きつけていました。

また、ナイアガラと同じメーカーのマニラも大人気でした。これはギャンブル系といってもいいゲーム。マニラで積み荷を積んだ輸送船のうちどれが到着するかを予想し、報酬を得ます。単純にどの船が着くか、だけではなくて、何隻付くか、何隻付かないか、という予想も出来ますし、また、海賊となって輸送船を襲うことも出来ます(^^;。輸送船の移動自体はダイスなので、途中まで順調に来ていたのに突然進まなくなったりと劇的なことが起こります。今回も残り二隻でまあ確実に二隻ともゴールかな、と思ったらまさかの1ゾロで二隻とも撃沈・・。とにかく盛り上がるゲームです。

そのほかの新作ではピックアディリーは読み合い系のゲーム。誰が自分を狙っているのか、あるいは狙っていないか、を読んでいきます。そういうゲームなのにテーマは鶏がどれだけ卵を産むか、だったりします(^^;。ブロックス・デュオは2人用のブロックス。ブロックスより小さくなっており、2人で楽しめるため4人集めなくてすみます。フォーセイルは競り+「はげたかの餌食」という感じのゲームで、最初に競りで手に入れた家を今度は売っていき、それでお金を稼ぎます。家の絵が、特に少額の家の場合、犬小屋だったりマンホールの中だったりして笑えます。

看板娘はわらしべ長者的に物々交換をしていくゲーム。3ゲームあれば15人で遊べるゲームですが、今回は1ゲームのみ。しかし好評だったようです。綱渡りはトリックテイキング系ゲームで、大きい数も小さい数もだしたくないタイプのゲーム。最初はよくわからないゲームですが1回やるとわかってきて「もう一回!」といいたくなるタイプのゲームです。

今回は会議室6ということで少しこの人数では狭く、1テーブルで2ゲームを行うことが多くなり、ご迷惑をおかけしました。次回以降、現在の予約の範囲内では全て大きな会議室です。
次回定例会は7/10(日)。会議室2になります。是非ご参加を・・。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


ドイツゲームトップ