熊本ドイツゲームの会

テーブルサッカー大会内ゲーム会 報告

日本におけるドイツ年のイベントです


テーブルサッカー(フーズボール)


テーブルサッカーは多数の参加者でした。


ドイツゲームを多数準備


カタンを外国の方と。

熊本ドイツゲームの会は今年から来年にかけての「日本におけるドイツ年」のイベントにも協力させていただいています。日独協会、および熊本市国際交流振興事業団の皆様、大変ありがとうございます。「日本におけるドイツ年」の熊本のイベントについてはこちら

今回参加したのは7/9に行われた「テーブルサッカー熊本大会」。テーブルサッカーは「フーズボール」とも呼ばれる物で欧米ではパブなどで普通に見かけることが出来ますが、日本では珍しいものです。熊本で遊べるところは現在ないようなので、これが体験できるだけでも参加する価値があるといえるでしょう。

当会はそのテーブルサッカー大会内でドイツゲームのコーナーを用意。実際に体験してもらうようにしました。また、テーブルサッカー大会自体にも一組出場させていただきました。

当日はあいにくの大雨。しかし、多数の参加者がテーブルサッカー大会に来られました。外国の方も多数おいでになり、インターナショナルな雰囲気。ドイツのビールも用意されていました。

ドイツゲームの方は、会場が離れていたこともあって参加者は少なかったのですが、10名ぐらいの方がゲームを見られたり、実際に参加されたりしました。ゲーム的には、カタン、ラミィキューブ、ブロックスなどを行いました。

中には「私はテーブルサッカーではなくボードゲームをしにきた」と言ってくださるアメリカの方も。一緒にカタンをプレイしました。この方はボードゲームが相当好きな方で、当会の存在を今回のイベントでお知りになり、大変感激されていました。翌日の当会定例会にもご参加いただきました。

さて、テーブルサッカー大会に参加した当会チームですが、一回戦敗退でした・・。このテーブルサッカーはやはり結構技術の差が出るゲームでして、未経験の当チームには難しかったです。欧米の方にはとても上手い方がいらっしゃいました。次回あれば、もっと練習して出たいところです。

今後も、ドイツ年関連ではまた参加するかもしれませんが、そのときには是非遊びに来てみてください。


ドイツゲームトップ