熊本ドイツゲームの会 定例会報告

第3回ブロックス大会!


80日間世界一周は今年のドイツゲーム大賞ノミネート作


ブロックス大会は16名参加


「レジへどうぞ」は記憶系ゲーム


サムライカードゲームはアメリカの方が


なぜかUNOアタックも登場

熊本ドイツゲームの会 第33回が2005/08/20にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:00〜20:30まで開かれました。当日は、31人(男性21人、女性9人)と会史上最多人数の参加となりました。ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 ブロックス、クァート、ヴィラパレッティ、ピット、ピラニアペドロ、 カヤナック、ロストシティー、レジへどうぞ、マニラ、ルイ14世、 サムライカードゲーム、アップルトゥアップル、80日間世界一周、 ウォンテッド、チャイナタウン、リミット、ワードバスケット、ブクブク、 カタン、ラミィキューブ、ブラフ、動物探し、サンクトペテルブルク、 アルゴ、スティッキー、ウノアタック、サンファン、コロレット、 ファンタスミ、ラックオー、Q-JET、オバケだぞ〜 です。

当日開催された第3回ブロックス大会は計16名が参加されました。システムは、4組に分けて1位が決勝進出という形で行われました。
今回は2年連続ブロックス優勝の松岡さんが予選でパーフェクトながら惜しくも手番負けで敗退。王者を破った中川さんが新王者になりました。おめでとうございます!

今回の定例会は時間帯によって人の入れ替わりも多かったので、一時的にはいつもぐらいの人数だったのですが結果的には史上最多人数となりました。雨の中、ありがとうございました。

今回の定例会初登場ゲームは80日間世界一周、レジへどうぞ、チャイナタウン、サムライカードゲーム、ウノアタックの5つでした。

80日間世界一周は今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。ジュールベルヌの小説を元にしたゲームで、時間は一時間ぐらいかかりますが、簡単で考える好ゲームです。

「レジへどうぞ」は記憶系ゲーム。めくった商品カードを覚えておき、誰かが「レジへどうぞ!」と言ったらそれを残りのメンバーが答えなくてはなりません。みんなで答えれば意外に結構答えられるので、ある程度まではめくって行かなくてはなりません。「レジへどうぞ!」のタイミングが難しいゲーム。

「チャイナタウン」は交渉ゲーム。大人のゲームですね。ほとんど交渉メインのゲームなので、どれだけ積極的に交渉できるかがポイント。

そのほかの初登場ではサムライカードゲーム、ウノアタックはアメリカの方が持ち込まれたゲーム。サムライカードゲームは絵が非常に綺麗な日本をテーマにしたカードゲームです。ウノアタックはウノのバリエーションの一つ。ボタンを押すと、カードが出るマシンを導入して遊びます。これはボタンを押してもカードが出ないことが多いのですが時には大量にカードが出てきて非常に驚きます。

新作以外でもさまざまなゲームが遊ばれました。今回は親子で2組参加。子供ゲームではヴィラパレッティやカヤナックが人気でした。また当会では久々の登場となるカードゲーム「リミット」は記憶系カードゲーム。しかし、記憶力とともに度胸と読みも必要になる好ゲームでした。来月の大会であるラミィキューブも多く遊ばれました。

次回定例会は9/11(日曜)。いつもの第二日曜日に戻ります。場所はいつもの会議室2です。是非ご参加を・・。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


ドイツゲームトップ