熊本ドイツゲームの会 in 八代 報告

八代市での3回目の開催


どきどきワクワク相性チェックゲーム。邦題は変ですが原題はComatibility。


スコットランドヤードは怪盗が逃げ切り。


マンハッタンは世界の各都市にビルを作ります。


やはり大人気。ウボンゴ。


「イースター島」はモアイ運びレースです(^^;。

昨年度に引き続き、今年も八代でのゲーム会「熊本ドイツゲームの会 in 八代」を2005/10/30に八代市のやつしろハーモニーホール中会議室で開きました。当日は、19人(男性12人、女性7人)が参加されました。ありがとうございました。今回は熊本から来た方、八代在住の会員、初参加の方が1/3ほどの割合で参加されました。

八代ーゲーム会では会場に車で来れるということもあり、通常の定例会では持ち込めなかったゲームなどが多数持ち込まれました。「イースター島」は箱が大きいためなかなか持って来れませんのでこのような機会にプレイ。このゲームはイースター島を舞台にモアイを運ぶレースです。巨大なモアイのコマが異様なゲームですが、ゲーム自体も石(自然石)を使ったジレンマのあるゲームです。

また、今回は過去の名作も多数持ち込まれました。「マンハッタン」はドイツ在住の方から当会に寄付をいただいたゲーム。世界の各都市に高層ビルを建てていきますが、上の階に自分のコマを継ぎ足すことで他人のビルを乗っ取ることが出来ます。そのため、壮絶なつぶし合いが行われるゲームです。

「スコットランドヤード」は怪盗が刑事達から逃げるゲーム。数回に一回明かされる怪盗の位置と交通手段を見て刑事達は怪盗の場所を予測しそこに移動しなくてはなりません。今回は刑事三名だったため、怪盗に逃げ切られてしまいました。怪盗は1分タイマーを使って思考時間を決めた方が良いかもしれません。

大人気なのはウボンゴ。パズルを早トキするゲームです。3ピースを使うタイプと4ピースを使うタイプがあるので、ハンデも簡単につけられます。解けたときの快感はたまりません。また、イギリスのゲーム「CORX(コークス)」ではミニ大会も開催。一対一でのトーナメント戦に8名が参加し、大いに盛り上がりました。

今回はご家族・お子さんの参加も多かったです。初参加のご家族には「コークス」と「ブロックス」をプレイしていただきました。「ブロックス」はすぐにルールを覚えてプレイできるのでいいですね。

そのほか、6ニムト、カヤナック、アップルトゥアップル、ダイアモンド、スクイント、フォッペン、ブラフ、ラックオー、サンファンなどがプレイされました。

八代でのゲーム会、今回は前回の2月から10月に変えてみましたが気候的にはちょうど良かったかと思います。是非、次回もご参加ください。ありがとうございました。


ドイツゲームトップ