熊本ドイツゲームの会 定例会報告

壮絶!カタン大会


カタン大会決勝


マウゼンはジャンケン的ハゲタカ


ローゼンケーニッヒは2人用


ブラックロック城は記憶ゲーム

熊本ドイツゲームの会 第41回定例会が2006/04/09(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、23人(男性19人、女性4人)が参加されました(初参加も2名)。ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 カタンの開拓者たち、ワードバスケット、プエルトリコ、ムガル、コロレット、 セット、サンファン、ラミィキューブ、レジへどうぞ、コークス、ダイアモンド、 ファブフィブ、ベルニーニ・ミステリー、ディアボロ、ブラックロック城、 マウゼン、ローゼンケーニッヒ、クレイジークッキング です。

当日開催された第5回カタン大会は計18名が参加されました。予選では4名と3名の組になり4名の組は2位まで、3名の組は1位のみ準決勝進出。準決勝では上位2位までが決勝というシステム。決勝はチャンスカードも全部なくなるという長い戦いに。私(古原)が最初にリーチをかけたものの、その後にとにかくカードが出ず、出ても盗賊で持って行かれる展開。ついには全員が9ポイントでリーチになり、そしてK-DOGさんが優勝されました。おめでとうございます!

今回の初登場ゲームはブラックロック城、マウゼン、ローゼンケーニッヒ、クレイジークッキングでした。

「ブラックロック城」は記憶系のゲーム。落とし穴だらけのお城を騎士が探検していきます。落とし穴の場所は固定ですが、忘れてしまいます。短期記憶がこんなにも無いものなのかを痛感させられます。

「マウゼン」はジャンケン的ハゲタカ。象、犬、猫、ネズミの順で強いのですが、ネズミは象よりも強いという4すくみ。さらにカードにポイントもあり同点でかぶったら次点がさらっていくというゲーム。裏の裏の裏を読むゲームです。

「ローゼンケーニッヒ」は2人用のゲーム。バラ戦争が舞台の陣取り的なゲームです。「クレイジークッキング」は変則トリックテイキングゲーム。鍋にいろいろなものを入れてスープを作ります。手札を見て目的のスープを決めておかなければなりません。

今回もコークスミニ大会を開催。準決勝ではなんとW氏がピュアシックス(パーフェクト)を達成!見事優勝されました。ピュアシックスは初の出来事です。

次回定例会は5/14(日曜)。いつもの第二日曜日ですが場所はパレアの会議室8になります。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


レポートトップ