熊本ドイツゲームの会 定例会報告

サンファン大会


ツタンカーメンは不思議なゲーム


ウントチュースは2位ではいけないゲーム


ホットドッグはテーブルにホットドッグを詰め込みます(^^;


「マメじゃないよ」は定番系ですが当会ではまだ数回しかプレイしていません


「ブクブク」は全員同じ条件でプレイするカードゲーム

熊本ドイツゲームの会 第44回定例会が2006/07/09(土曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、24人(男性18人、女性6人)が参加されました。ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 カタン、ワードバスケット、ピット、ガイスター、ブクブク、ブロックス、 ブラフ、マメじゃないよ、ロストシティ、サンファン、サンクトペテルブルグ、 ラミィキューブ、ラックオー、レジへどうぞ、コークス、ダイヤモンド、 メディチ、フェットナップ、フリックスミックス、オイそれは俺の魚だぜ、 アクアダクト、郵便馬車、ツタンカーメン、テキサスホールデム、 ゴーフィッシュ、ウントチュース、ホットドッグ です。

当日開催された第4回サンファン大会は計14名が参加されました。ありがとうございます!大会は4テーブルに分かれ1位のみが決勝進出というシビアなトーナメント。決勝戦を勝ったのは倉田さんです!。1月のプエルトリコ大会でも優勝されているのでやはり共通点が多いということでしょうか。

今回の初登場ゲームは少なく5個。ツタンカーメン、テキサスホールデム、ゴーフィッシュ、ウントチュース、ホットドッグでした。

ツタンカーメンは不思議なゲーム。基本的にレースゲームのように自分の駒を進めていきますが、いくつ進めても良いのです。ただし、途中のタイルを取りながら進めていくので何を取るのかを考えなくてはなりません。

ウントチュースとホットドッグは軽めのカードゲーム。ウントチュースは場に出たカードをみなで取り合います。一番低い数を出した人が場の一番小さい数を取って抜けていきますが、最後の、つまり最高のカードだけはそれまでの累積が最も大きい人が取ります。ということは2位になると何も取れません。最少の数はいらないけど最後の決戦に自信がない場合には早めに抜けたくなるゲームです。

ホットドッグはテーブルにホットドッグを運ぶゲーム。ただしテーブルごとに求められるホットドッグ数は決まっているのでそれを越えないように運びます。しかし他の人も同様に運んでくるので数がオーバーして運べないことも。そこを考えながら他の人と狙いがかぶらないようにホットドッグを運び続けます。

テキサスホールデムとゴーフィッシュはトランプ(プレイングカード)のゲーム。テキサスホールデムはアメリカで大流行中のポーカーですが、若干ルールがあやまっていたようです・・。ちゃんと調べてきます。ゴーフィッシュはアメリカではかなり一般的なカードゲーム。記憶の要素もあり、ブラフの要素もあり、面白いと思います。

また先週に引き続き人気だったのは「郵便馬車」。サンファン大会直後から終了直前までずっとテーブルが立っており、人が入れ替わりながら何度もプレイされていました。おそらく大会を9月にやるのではないかと思います。

またカタン全国大会の福岡予選が今月23日に行われることもありカタンの練習も行いました。初プレイの方もいらっしゃいました。名作ゲームなので今後も広めていきたいです。

次回定例会は8/13(日曜)。いつもの第二日曜日です。パレアの会議室2になります。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


レポートトップ