熊本ドイツゲームの会 in 八代 報告

八代市での4回目の開催


計32名が参加。ありがとうございました!


ピクショナリー。うまく絵で説明できるかな?。


クロンダイクは砂金取りのゲーム。


最新作。スカイライン計画。


「ドキドキワクワク相性チェックゲーム」。

毎年恒例の八代でのゲーム会「熊本ドイツゲームの会 in 八代」を2006/10/22に八代市のやつしろハーモニーホール 中会議室で開きました。当日は、32人(男性22人、女性10人)が参加されました。ありがとうございました。今回は初参加の方が16人と地元の方、小学生、中学生が多く参加していただきました。ありがとうございます!。

今回プレイされたゲームのリストです。
ピラニアペドロ、ウボンゴ、どきどきわくわく相性チェックゲーム、ピット、ヴィラパレッティ、エレファント、ハリガリ、ノイ、マルコポーロ、クロンダイク、ピクショナリー、ラックオー、シンペイ、ドラダ、ピクショナリー、ブロックス、レジへどうぞ、貴族の務め、キジのお嬢さん、フリックスミックス、スカイライン計画、ハイソサエティ、マンマミーヤ、フォーセール、レイジ、ワードバスケット、ラミィキューブ

今回はピクショナリーが子供にも大人にも人気でした。これはお題を絵に描いてパートナーが当てるゲーム。今回もホワイトボードを使いプレイ。小学生には難しかった「動詞」についてはゼスチャーでもいい、ということにした特別ルールも(^^;。大変盛り上がっていました。

また、クロンダイクも数回プレイされていました。これは砂金を取ることをテーマとしたゲーム。お盆の上に載った黄色の玉だけを残し、他の黒の玉を落とさなくてはいけません。これが意外に難しい。しかも他のプレイヤーはその人が何個取れるかを賭けています(^^;。今回は今まで定例会で見られた回転する手法、前後に揺さぶる手法に加え、ジャンプさせる新しい手法も登場。発想が柔らかいですね。

新しいゲームも登場しました「スカイライン計画」「エレファント」は最新作。スカイライン計画は都市計画をテーマとしたゲーム。建築家ゴマを移動させながら自分の街を大きくしていきます。エレファントは陶器を買うものの、それを象が割っていくというよくわからないシチュエーションのゲーム(^^;。象に割らせないとお金はもらえません。

八代でのゲーム会、たぶん来年もまた行うと思います。是非、次回もご参加ください。ありがとうございました。


ドイツゲームトップ