熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ガイスター大会


「ポルトべローマーケット」は最新作


「ウィザード」はトリックテイキング


「イスファハン」は期待の新作


「スリードラゴンアンティ」


「クルード」は推理ゲーム


F氏の自作ゲーム

熊本ドイツゲームの会 第53回定例会が2007/04/08(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、21人(男性16人、女性5人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 ワードバスケット、ピット、ガイスター、パリス、ハイパーロボット、 ラミィキューブ、レジへどうぞ、ウボンゴ、フリックスミックス、 クレイジークッキング、キジのお嬢さん、ピクショナリー、バンパレーナ、 クァークス、ポルトべローマーケット、スリーピングクィーン、犬の散歩、 イスファハン、ウィザード、スリードラゴンアンティ、クルード、ハイブ、 会員の自作ゲーム です。

当日開催された第4回ガイスター大会は16名が参加されました。トーナメント方式で、一試合は3回戦、先に2勝した方が勝ち抜けする方式で行われました。結果は前回準優勝のNさんが優勝でした!。

今回の初登場ゲームは10個。クァークス、ポルトべローマーケット、 スリーピングクィーン、犬の散歩、イスファハン、ウィザード、 スリードラゴンアンティ、クルード、ハイブ、それに自作ゲームととても多かったです。です。

「クァークス」は生物がどんどん進化していくゲーム。昔のゲームの再販です。「ポルトべローマーケット」はドイツの最新作で市場を舞台に勢力を競います。時間がかからない割に考える好ゲームです

「ウィザード」は日本語版が発売されたトリックテイキングゲーム。トランプの「オーヘル」という遊び方に特殊カードのWizard、Jesterが入っただけですが、この2枚が入っただけで通常のトリックテイキングから戦術が変わってきます。世界大会も行われており、今年から日本大会も行われるそうです。当会でも大会を予定しています。

「イスファハン」はペルシア商人のゲーム。ケイラスを作ったYstari社の新作です。F氏作の「自作ゲーム」は元素周期表を使ったユニークな物でした。
「クルード」推理ゲームの古典。殺人事件を推理するもので「誰が」「どこで」「何を使って」事件を起こしたかをあてます。徐々に情報が絞り込まれていって、論理パズル的に当てることが出来るようになります。

次回定例会は5/13(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。


レポートトップ