熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ブラフ大会


「ブラフ大会」は恒例


「ウィザード熊本大会」は18名参加


「ウボンゴ」は拡張キットをプレイ


「ハンニバルVSローマ」


「オークライフ」は環境ゲーム


「ワニに乗る?」というゲーム

熊本ドイツゲームの会 第54回定例会が2007/05/13(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、26人(男性19人、女性7人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 ピット、ファンタスミ(ガイスター)、プエルトリコ、ヴィラパレッティ、 ブラフ、Apples To Apples、トーレス、サンファン、ウボンゴ、ピクショナリー、 いただき!、メディチ家とストロッツィ家、ウィザード、ハンニバルvsローマ、 ルールの達人、カエサル、ワニに乗る、アルケミスト、ディアボロに架ける橋、 ノートルダム、オークライフ、時代劇3600秒、フィジー です。

当日開催された第5回ブラフ大会は17名が参加,結果はMさんが初優勝でした!。

今回の初登場ゲームは10個。ハンニバルvsローマ、 ルールの達人、カエサル、ワニに乗る、アルケミスト、ディアボロに架ける橋、 ノートルダム、オークライフ、時代劇3600秒、フィジーです。

「ハンニバルvsローマ」「カエサル」はクニツィアの「古代ローマの新しいゲーム」に含まれているゲームで「ハンニバルvsローマ」は2人用のゲーム、「カエサル」は多人数のアブストラクト的なゲームです。

「ルールの達人」「時代劇3600秒」は4月に行われたゲームマーケットで会員が入手してきたゲーム。「ルールの達人」はそれぞれ異なる勝利条件を持ちながらのカードゲーム、「時代劇3600秒」は時代劇をモチーフにした抱腹絶倒のゲームです。

「アルケミスト」「ディアオボロに架ける橋」「ノートルダム」「フィジー」は最新のゲーム。「アルケミスト」は錬金術師がさまざまな材料をレシピを使って生み出していくゲーム、「ディアオボロに架ける橋」は2人用のアブストラクト、「ノートルダム」は重めのゲーム、「フィジー」は宝石を集めていくゲームです。

「オークライフ」は環境をテーマにしたゲームで日本の里山で生物たちが生存競争を繰り広げます。「ワニに乗る?」は子供用でワニの上に動物を載せていくゲームです。

今回はカードゲーム「ウィザード」の日本販売元の方も来られ、第二回熊本予選大会が開かれました。これは優勝者が九州大会への出場権を手に入れられ、そこで勝てば日本大会へ、そして世界大会へも続く大会です。当会では公認大会を毎月開催していきます。今回は18名もの参加者がありました。

次回定例会は6/10(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ