熊本ドイツゲームの会 定例会報告

郵便馬車大会


「郵便馬車」大会は10名参加


「カエルの飛び込み大会」


ヴァリアントマップの「ハンザ」


「フォッペン」


次回大会「バトルライン」

熊本ドイツゲームの会 第60回定例会が2007/11/11(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、16人(男性13人、女性3人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 ワードバスケット、ブクブク、バトルライン、アトリビュート、ラミィキューブ、 ハンザ、バベルの塔、ファブフィブ、マウゼン、郵便馬車、ウィザード、 ミスタージャック、カエルの飛び込み大会、フォッペン、盲目のニワトリ、 です。

当日開催された郵便馬車大会は10名が参加,予選から4名が決勝に進出する形で行われました。結果は松岡さんが優勝し、ポイントランキング総合トップに立ちました!。

今回は初登場ゲームはカエルの飛び込み大会、フォッペン、盲目のニワトリ、の3つでした。

「カエルの飛び込み大会」は子供向けゲームですが、大人も熱くなれるゲーム。プラスチックの玉をバウンドさせて池=箱の中に飛び込ませます。3つ並ぶと得点。最初はとても狙えないように思えますが、何となく狙えるようにはなります。

「フォッペン」はトリックテイキング。ただし、手札を早くなくした方が勝ちという変わり種です。ルールは通常のトリックテイキングですが、最も弱い札を出したプレイヤーが一回休みになり、カードを出すことが出来なくなります。

「盲目のニワトリ」はカードを入札して買うゲーム。しかし、カードの3枚セットのうち、何枚かは隠されています。隠されたカードもある1セットをいかに効率よく買うか、というゲーム。

そのほか、「ハンザ」がヴァリアントマップでプレイされました。また、バトルラインも次回大会のため、頻繁にプレイされました。2人用ゲームの傑作ですが、未プレイの人も多かったようです。

次回定例会は10/14(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ