熊本ドイツゲームの会主催

第四回ドイツゲーム競技会 報告


競技種目のゲームたち


最終種目 プエルトリコ


選択種目 パトリツィア

2008年1月27日(日)に熊本ドイツゲームの会では「第4回ドイツゲーム競技会」を開催しました。これは何種類かのドイツゲームをプレイし、その順位で総合順位をつけようというイベントです。

当日は9名が競技に参加されました。競技種目は以下の通りです。

第1種目:選択種目(サンファン、テーベ、パトリツィア)、第2種目:郵便馬車、第3種目:ズーロレット、第4種目:プエルトリコ

今年から大賞のズーロレット以外は投票で種目を決定しています。プエルトリコ、郵便馬車はすんなり決まりましたが、次に票が多いゲームが同数となったため選択種目としてサンファン、テーベ、パトリツィアの中から競技者が選択することにしました。

システムは例年と同様ですが第一種目を選択種目にし、そこでどのゲームを選択したかによって席割をするようにしました。競技者にはまず選択種目の希望ゲームを第一希望、第二希望をかいてもらい、その結果によって分けました。その後は、それまでの総合点数で上位から順にどのテーブルになるかを決めていきました。つまり、1位〜3位は別のテーブルになりますが、どちらのテーブルになるかはわからないわけです。
点数は順位点で前回同様以下のような点数付けを行いました。

 4人テーブル3人テーブル
1位10点10点
2位6点5点
3位4点1点
4位1点


最終種目のみ、上位からテーブル分けを行います。この時点である程度の幅を持って順位が決定、さらに最終種目の点数を加えて総合順位が決まります。

今回も、競技会の雰囲気を伝えるため、私の戦歴を中心に書きたいと思います。
まずは選択種目でパトリツィア。まだ新しいゲームですが人気が高く今回の競技種目に選ばれました。塔を建てて支配権を得ることはもちろん、貴族を集めることも重要なゲームです。今回は基本的に貴族重視でプレイ。塔は集中的に建てていき、9点・6点のところを両方取るなどしましたが、広がりという点では今ひとつ。しかし、他プレイヤーが貴族を集めきれなかったこともあり、1位となりました。これで10点をゲットし首位に。

次に郵便馬車。いつもはとにかく長く路線を作るのですが、今回最初に作った路線は最低限の3枚。どうも伸ばせそうにないので早めに打ち切り、このまま車大工作戦で速攻型で行こうかと思ったのですが、2路線目が結構つながり8枚の大路線に。これでかなり勝てるかな、と思ったのですが、間違って違うカードを出すという凡ミスもあり(^^;、結局2位。しかし接戦でした。

第三種目はズーロレット。今年の大賞ですがプレイ経験はそれほどないため手探りでプレイ。まずは動物タイルをそれほど取らず早めで降りていく作戦に。コインも重視して取っていきます。終盤には、コインを使った入れ替えが効いて3つの枠が満杯、1枠は一つ足りないというほどに。これも勝利しました。


最後はプエルトリコ。ここで勝てば首位があったのですが、多品種型の作戦が多くてじりじりする展開の中、先にギルドホールを買われて万事休す。最終成績は2位でした。

全体結果ではM氏がなんと2年連続全勝優勝で4年連続優勝!すごいです。来年、これを止める人は現れるのか。

来年はまた種目を入れ替えて開催してみたいと思っています。
時期的には同じ時期を考えています。

レポートトップ