熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ドラゴンイヤー登場


「ドラゴンイヤー」


「ハンブルグム」


「七つの印」


「アクワイア」

熊本ドイツゲームの会 第63回定例会が2008/02/10(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、23人(男性18人、女性5人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 アクワイア、ピット、ブロックス、ブラフ、コロレット、セット、ハリガリ、 穴掘りモグラ、ラミィキューブ、レジへどうぞ、フリックスミックス、 マンハッタン、ラムと名誉、ウィザード、カエルの飛び込み大会、 ゴキブリサラダ、ドラゴンイヤー、七つの印、ハンブルグ です。

当日開催された第3回SET大会は14名が参加,2組に分かれ、上位3名が決勝進出する形式で行われました。結果はMさんが強さをみせ、優勝しました!。

今回は初登場ゲームはドラゴンイヤー、七つの印、ハンブルグの3つでした。

「ドラゴンイヤー」は今年の注目作。さまざまな災いが起こる辰年をいかにうまく対処して国を繁栄させるかというゲームです。1時間以上かかるゲームですがシステムはシンプルなので慣れてくると早いです。

「七つの印」はトリックテイキングゲーム。トリックをいくつ取るかを予想するタイプです。2004年のゲームですが当会では未プレイでした。

「ハンブルグム」にハンブルグの町で商品を生産・出荷しながら教会に寄付をしてポイントを得るゲーム。全ての情報が公開され運の要素も全くないゲームです。プレイ時間は2時間程度。今回は途中までのプレイとなりました。

そのほか、久々に「アクワイア」もプレイされました。次回大会のラミィキューブも何回かプレイされました。また毎回恒例のウィザード大会九州予選も行われています。

次回定例会は3/9(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ