熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ラミィキューブ大会


「パンデミック」


「アルタミラ」


「マネーリザ」


「袋の中の猫」


「コンテナ」

熊本ドイツゲームの会 第64回定例会が2008/03/09(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、20人(男性15人、女性5人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 6ニムト、カタンの開拓者たち、ワードバスケット、ブラフ、サンファン、 ラミィキューブ、珍獣動物園、フリックスミックス、ピクショナリー、 ウィザード、カエルの飛び込み大会、ハンブルグム、カントリーライフ、 アルタミラ、パンデミック、マネーリザ、袋の中のねこ、コンテナ です。

当日開催された第5回ラミィキューブ大会は16名が参加、毎回組分けをランダムに変えて3回を行い、点数の上位4名が決勝進出する形式で行われました。結果はKさんが決勝の3戦で2勝し、優勝しました!。

今回は初登場ゲームはカントリーライフ、アルタミラ、パンデミック、マネーリザ、袋の中のねこ、コンテナの6つでした。

「カントリーライフ」は記憶ゲーム。農場に登場するさまざまなカードがあり、ジャンル毎に直前のカードを言い当てるゲームです。山をはって当たれば勝てますので、記憶が苦手でも楽しくプレイできます。

「アルタミラ」は原住民の狩りをテーマにしたゲーム。どこに狩りをしに行くかを秘かに全員で決めるバッティング系のゲームです。「パンデミック」は世界的に広がっていく伝染病に対し、プレイヤー全員が立ち向かっていく協力型のゲームです。

「マネーリザ」は絵画の競りをテーマとしたゲーム。しかしダイスを使う場面も多く、ほどよい軽さがあります。「袋の中の猫」は袋の中に入っている猫、つまり裏向きのカードを競るカードゲームです。

「コンテナ」は今、注目の重量級ゲーム。自分の港からコンテナを他人に買ってもらいます。他プレイヤーのものをお互いに買いあっていく貿易ゲームです。

次回定例会は4/13(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ