熊本ドイツゲームの会 定例会報告

Q−JET大会


「Q-JET」


「ユカタン」


「サムライ」


「エコノス」


「ダビデとゴリアテ」

熊本ドイツゲームの会 第69回定例会が2008/08/10(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室8で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、24人(男性17人、女性7人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 カタンの開拓者たち、ファンタスミ(ガイスター)、プエルトリコ、サムライ、 ノイ、サンチアゴ、サンファン、ラミィキューブ、Q-JET、ラックオー、コークス、 ウィザード、カイピラニア、ストーンエイジ、パンデミックフルー、 ハゲタカまっさかさま、ユカタン、エコノス、ダビデとゴリアテ、 です。

当日開催された初のQ-JET大会では17名が参加、今回はお子様も参加しての大会です。予選は3組に分け2位までが決勝に進出する形で行われました。結果はMさんが優勝でした!。

今回は初登場ゲームは ハゲタカまっさかさま、ユカタン、エコノス、ダビデとゴリアテ、の4つでした。

「ハゲタカまっさかさま」は子どもも遊べる認識系のゲーム。カードを置ける場所を素早く言い当てます。3回間違えると失格になってしまいます。「ユカタン」はカードで進んでいくレース系ゲーム。途中にはプラス点とマイナス点が落ちているので、うまく拾っていかなければいけません。

「エコノス」は多国籍企業の株を売買し、勢力を伸ばしていくゲーム。とてもシンプルなルールなのに株の動きをしっかり表現しているところがすごいゲームです。「ダビデとゴリアテ」は変則のトリックテイキングゲーム。最初に出したカードに合わせたカードを出していくのは普通ですが、その後のカードの撮り方と点数の付け方が不思議な感覚です。

今回はそれ以外にも久しぶりのゲームが多く遊ばれました。「サムライ」は日本の中世を舞台に勢力争いをするゲーム。日本列島の細長い地形を生かしたゲームです。また、恒例のウィザード・九州大会予選も行われました。9月21日にはいよいよ九州大会が行われます。当会での予選もあと1回となりました。

次回定例会は9/14(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ