熊本ドイツゲームの会 定例会報告

サンファン大会


「黄金島」


「ビザンツ」


「キープクール」

熊本ドイツゲームの会 第71回定例会が2008/10/12(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、24人(男性19人、女性5人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 6ニムト、カタンの開拓者たち、ワードバスケット、ファンタスミ(ガイスター)、 ブロックス、クク、ノイ、ブクブク、バトルライン、サンファン、クアート!、 ラミィキューブ、ラックオー、郵便馬車、こんなものどんなもの、ストーンエイジ、 パンデミックフルー、アグリコラ、すしゾック、キープクール、黄金島、ビザンツ です。

当日開催されたサンファン大会では12名が参加、予選は3人4組に分かれ、勝者が決勝に進出する形で行われました。結果はMさんが3ヶ月連続優勝を達成です!。

今回は初登場ゲームはキープクール、黄金島、ビザンツ、すしゾック の4つでした。

「キープクール」は地球温暖化を巡って各国の思惑がぶつかり合うゲーム。プレイヤーはアメリカなどの国を担当し、独自の経済目標・政治目標を目指して各国と厚相をしながらプレイしていきます。どこかの国が目標を達成すれば勝者ですが、今回は最悪のシナリオに。どこも目標を達成し得ぬまま、地球は温暖化が進みすぎて滅亡。全プレイヤー敗者になりました

「黄金島」海賊になって黄金島を探すゲーム。たくさんある島に上陸して宝を得ていきますが、秘かに決められた黄金島に上陸していなければ負けになってしまいます。「すしゾック」はヘックメックの続編のようなゲーム。ダイスを振って寿司タイルを獲得していきます。

「ビザンツ」は競りのカードゲーム。市場でまとめて出される商品を競っていきます。最初にたくさんのカードが出てきますが、先に競り落とした方が後では振りになる仕組みもあり、不思議な感覚のゲームです。

今回は人気の重量級ゲーム「アグリコラ」もプレイが行われていました。時間はかかりますが、今はこれをプレイしたい人が多いようです。また、6ニムトやカタンなど定番ゲームも多く遊ばれました。

次回定例会は11/9(日曜)。第2日曜で場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ