熊本ドイツゲームの会 定例会報告

バックギャモン大会


「バックギャモン」


「ミドルキングダム」


「セイラムの魔法使い」


フィット

熊本ドイツゲームの会 第76回定例会が2009/3/8(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、21人(男性16人、女性5人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 バックギャモン、サンチアゴ、ラミィキューブ、珍獣動物園、ファブフィブ、 ウィザード、セイラムの魔法使い、フィット、大勝負、ミドルキングダム、 ウンスンカルタ です。

当日開催されたバックギャモン大会では8名が参加、トーナメント形式で行われました(3ポイントマッチ)。結果はM氏が優勝でした!。

バックギャモンは欧米では定番のゲームですが、日本での知名度は低いのでこれからもたまにはやっていきたいと思います。

今回は初登場ゲームはセイラムの魔法使い、フィット、大勝負、ミドルキングダム、でした。

「セイラムの魔法使い」はクトゥルー神話をモチーフにした協力ゲーム。次元の裂け目からあふれ出てくる旧支配者の手先。裂け目を塞いで封印するのが目的です。今回は見事プレイヤーの勝利となったようです。

「フィット」はテトリスをボードゲームにしたようなゲームです。ブロックを上から落として列をそろえていきます。空白が出来るとマイナス点になります。2面目からは特定のマスを残すとプラス点になったりマイナス点になったりします。

「大勝負」は株取引(というか先物取引)をテーマにしたゲーム。相場を上下させるカードがそれぞれ一部しか見えていない状態で株を買っていきます。タイミングを見計らって売り抜けることが大事です。

「ミドルキングダム」は中国をテーマにカードを集めていくゲーム。システムの基本はハゲタカと同じなのですが、特殊カードなどさまざまな要素があり違うゲームになっています。ポイントの取り方もいろいろあるので戦略的にカードを取っていくことが必要です。

次回定例会は4/12(日曜)。場所はパレア・会議室2です。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ