熊本ドイツゲームの会 定例会報告

郵便馬車大会


動物病院


カタン・携帯キャリーケース版


ベネチアの仮面舞踏会

熊本ドイツゲームの会 第97回定例会が2010/12/05(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、29人(男性24人、女5人)が参加されました。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、 6ニムト、カタンの開拓者たち(携帯キャリーケース版)、ワードバスケット、ファンタスミ(ガイスター)、 プエルトリコ、パワープレイ、ヴィラパレッティ、ブロックス、ブクブク、 バトルライン、ハリガリ、穴掘りモグラ、サンファン、スコットランドヤード、 ラミィキューブ、ピラニアペドロ、ファブフィブ、郵便馬車、テキサスホールデム、 ウントチュース、ウィザード、私の世界の見方、ファウナ、どうぶつしょうぎ、 日本乗車券、動物病院、ベネチアの仮面舞踏会 でした。

当日開催された郵便馬車大会では16名が参加、4名×4テーブルに分かれ予選、各テーブル1位が決勝に進出する形式で争われました。結果はMさんが優勝、年間1位を大きく近づける勝利でした!

今回は初登場ゲームは「動物病院」「カタンの開拓者たち(携帯キャリーケース版)」「ベネチアの仮面舞踏会」でした。

「動物病院」はセラピーポイントを貯めて動物を治療するゲーム。めくられていくカードのどこかでストップをかけセラピーポイントを獲得します。途中で同じカードが出てしまうとポイントが獲得できないので、どこで止めるかがポイント。獲得したセラピーポイントを使って患者を治療するか、えさ箱を置いてポイントボーナスを得られる体制を作るかをします。序盤はポイントボーナスを得られる体制作りをし、後半は患者を治療して点を得ていくという流れはドミニオンとも似ています。

カタンの開拓者たち(携帯キャリーケース版)はジーピーが発売したもので、カタンを携帯しやすいキャリーケースに治めています。ゲームとしては普通のカタンです。携帯キャリーケース版は全体的にボードが小さく、コマが紙だったりしますが、実際プレイしてみると、コマはそれほど気になりません。ただカードの裏面が発展カードと資源カードで同じだったのが残念。しかし、これほどコンパクトにカタンがまとまっているとどこにでも持って行けて便利です。

ベネチアの仮面舞踏会はやや昔のゲームで、あらかじめ秘かに決められたジェスチャーを行った2人までに見破ってもらうゲーム。変わったゲームということでプレイしてみました。


今回はそのほかに、またスコットランドヤードがプレイ。今回は犯人が最後まで逃げ切ったようです。

次回定例会は1/9(日曜)。第二日曜、場所はくまもと県民交流館パレア会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ