熊本ドイツゲームの会

ドイツゲームとは?

ドイツゲームとは?

アムレット

「熊本ドイツゲームの会」ではいわゆるドイツゲームを遊ぶ会なのですが、ドイツゲームとはいったいどのようなゲームなのでしょうか?

それは簡単に言うと、主にドイツなどのヨーロッパで普及しているボード・カードゲームのことです。コンピュータゲームではなく、ボードやカードを実際に使ったゲームです。

日本ではそのようなゲームはほとんど発売されなくなり、コンピュータゲームでばかり遊ぶようになっていたのですが、その間にヨーロッパではとんでもないゲームたちが現れてゲーム界を席巻していたのです。なにしろ、数十万個以上も売れるゲーム - 日本で言えばPlayStation2で結構売れているゲーム並に売れているボードゲーム、カードゲームがざらにある(2001年ドイツゲーム大賞のカルカソンヌの売上約80万個は2001年のPS2ヒット作「鬼武者」とほぼ同じ)。しかも、毎年大量の傑作ゲームたちが世に姿を現しているのです(だいたい年200個ぐらいの新作が発表されるようです)。

ゲーム名売上本数コメント
カタンの開拓者たち250万個ドイツゲームの定番
スコットランドヤード数100万個以上ドイツゲームのクラシック
アクワイア100万個以上30年以上の歴史
カルカソンヌ80万個2001年ドイツゲーム大賞
ヴィラパレッティ30万個2002年ドイツゲーム大賞
ドルンター・ドルーバー30万個1991年ドイツゲーム大賞

つまりドイツでは普通の人が日常的にボードゲーム、カードゲームを家族や友人たちと楽しんでいる、ということなのです。これは日本ではちょっと考えられないことです。

いったい、どのようなゲームなのか?と思うかもしれません。既存のゲームの分類では非常に分けにくいのですが、あえて分類するとファミリーゲームになると思います。しかし、日本のボードゲームによくありがちなすごろくをちょっと改造したようなだけのゲームとは全く違う。ゲームによってはかなりの複雑さを持つものもありますが、基本的にルールは簡単です。にもかかわらず、プレイヤーに考えさせる。プレイヤーに単純な選択肢しかない(あるいは運に任せる)ようなゲームとは違います。運の要素がありながらも考えさせるゲームが多いのです。要するに非常に奥が深いゲームたちなのです。コンピュータゲームのようなワンパターンなゲームばかりではなく、とてもバリエーションが多いのも特徴です。

カタン

これらのゲームは現在日本では普通の人には全然知られていません。しかし、さまざまな人の手によって日本でも次第に普及しつつあるようです。例えばアクア・ステップ・アップなんていうボードゲームをテーマにした漫画まであるのです(これを読むのが一番わかりやすいかも)。また、最近ではカタンブロックスなどのゲームが日本語化されて発売されたりしています

熊本ドイツゲームの会ではそのようなドイツゲームを気軽に楽しめる会として発足しました。九州・熊本でのドイツゲームの普及を目標に定期的にゲーム会を行ったり、インターネットでの活動を行っていきたいと思っています。

ドイツゲームの特徴のページへ