熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ピーパー大会


アド・アストラ


ギャラクシートラッカー


ピーパー


アグリコラ

熊本ドイツゲームの会 第84回定例会が2009/11/08(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、19人(男性16人、女性3人)が参加されました。ご参加ありがとうございます!

当日プレイされたゲームは、 6ニムト、カタンの開拓者たち、ワードバスケット、ピット、バトルライン、 サンファン、Q-JET、キャメロットを覆う影、ハムスター、アグリコラ、 レースフォーザギャラクシー、ピーパー、ギャラクシートラッカー、ファウナ、 アドアストラ です。

当日開催されたピーパー大会では9名が参加、予選が4人と5人の2テーブルで行われ、2位までが決勝進出、結果はMさんが優勝でした!。

今回は初登場ゲームは「アドアストラ」1つでした。

「アドアストラ」は宇宙を舞台とした開拓ゲーム。星を探査し、コロニーや工場を造っていきます。場合によってはテラフォーミングを行います。時間はややかかりますが、わかりやすいゲームです。

初登場ではありませんが、久しぶりにプレイされたのが「キャメロットを覆う影」と「ギャラクシートラッカー」「レースフォーザギャラクシー」です。「キャメロットを覆う影」は協力ゲームでアーサー王の世界を舞台に城に迫る危機を撃退していくゲームです。「ギャラクシートラッカー」は宇宙を舞台に荷物を運んで点数を稼ぐゲーム。リアルタイムで宇宙船を完成させ、荷物を運ぶ途上でいろいろな危険に直面します。今回は宇宙船が見事に爆破されてしまった方もいらした模様。

「レースフォーザギャラクシー」はこれも宇宙を舞台にしたゲーム。今回はなぜか宇宙ゲームが多かったです。このゲームはサンファンをより発展させたようなシステムで、カードの種類も多く、ややわかりにくい面もありますが、熱心なプレイヤーを持つゲームでもあります。

そのほか、次回大会が予定されている「カタン」や根強い人気の「アグリコラ」がプレイされました。また、前回登場した「ファウナ」もやはり人気のゲーム。今回はなぜか魚ばかりが出てきて、いったいどこに生息しているのか、大きさはどれくらいか、悩まされました。

次回定例会は12/6(日曜)。第二日曜、場所はパレア・会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ