熊本ドイツゲームの会 定例会報告

サンファン大会


ブルームーンシティー


ルアーブル日本語版


ケイラス


フィジー

熊本ドイツゲームの会 第89回定例会が2010/4/11(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、39人(男性34人、女性5人)が参加されました。これは過去最多の参加者でした。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、 カタンの開拓者たち、アクワイア、ワードバスケット、ヴィラパレッティ、 ブロックス、ハゲタカの餌食、バトルライン、ハリガリ、スティッキー、 穴掘りモグラ、サンファン、ラミィキューブ、Q-JET、レジへどうぞ、 フリックスミックス、マンハッタン、テキサスホールデム、ケイラス、 ウィザード、アルケミスト、フィジー、ズーロレット、ピーパー、 ドミニオン、ル・アーブル、ファウナ、どうぶつしょうぎ、コークス、 チロリアンルーレット、アグリコラ・泥沼からの出発、あいだの数、 ブロックストライゴン、ブルームーンシティー です。

当日開催されたサンファン大会では16名が参加、4人4テーブルで勝者が決勝進出の形式で行われ、結果はNさんの初優勝でした!。

今回は初登場ゲームはアグリコラ・泥沼からの出発、あいだの数、 ブロックストライゴン、ブルームーンシティーでした。

アグリコラ・泥沼からの出発」は農場経営ゲーム「アグリコラ」の拡張セットで今回は日本語版を使用しました。アグリコラ本体と合わせてプレイします。新しい家畜「馬」や新しいカードなどが追加されています。

「あいだの数」は新作のカードゲーム。2つのカードの間にある数を出していきます。出せなくなったらカードを引き取り失点です。リバースなどの特殊カードもありますが 、これも出すと失点になります。手軽なゲームです。

ブロックストライゴン」はブロックスの三角ピースタイプ。より難しくなっています。

「ブルームーンシティー」は2006年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。ファンタジー世界をベースにした建設ゲームです。

また、今回はル・アーブル日本語版が登場。アグリコラの作者が作った港湾管理ゲームで、これも多数のカードが出てくるマネージメント系ゲームです。

次回定例会は5/9(日曜)。第二日曜、場所はパレア・会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ