熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ブロックス大会


ブロックス


フレスコ


レベルX


ぶたなかま


カードカソンヌ

熊本ドイツゲームの会 第90回定例会が2010/5/09(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、26人(男性22人、女性4人)が参加されました。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、 ワードバスケットブロックスブクブク穴掘りモグラサンファンスコットランドヤードラミィキューブ、フリックスミックス、 メディチ家とストロッツィ家、ハイブ、ドラゴンイヤーアグリコラ、 ファウナ、熟語トランプどうぶつしょうぎ、チロリアンルーレット、 あいだの数コードオメガ賽は投げられた、フレスコ、レベルX、 カードカソンヌブタなかま です。

当日開催されたブロックス大会では16名が参加、4人4テーブルで勝者が決勝進出の形式で行われ、結果はMさんの優勝でした!。

今回は初登場ゲームはコードオメガ、賽は投げられた、フレスコ、レベルX、カードカソンヌ、ブタなかまでした。

コードオメガはパズル系ゲーム。バーコードみたいな棒に書かれたマークを3本合わせるもの。最初はコツがわからず苦戦しますが、次第になれてきます。早く解いた人がより得点が得られる早解きゲームです。。

賽は投げられた」はダイス系ゲーム。古代ローマをテーマに、ダイスを振って領地を拡大し、領民を住ませて得点を得ます。

「フレスコ」は最新のゲーム。絵の具を集め、フレスコ画を修復します。一件複雑そうに見えるゲームですが、ルールは比較的シンプル。しかも拡張ルールで複雑さを楽しむことも出来ます。

「レベルX」はダイスゲーム。ダイスを4つ振り、合計5以上になるように組み合わせて自分のコマを進めます。単純ですぐに出来るゲームです。

「カードカソンヌ」はカルカソンヌのカードゲームバージョンとして販売されていますが、ルールや雰囲気は異なります。カードを各列に置いていきながら、自分のカードをコマで確保します。どのタイミングでカードを確保するか、そして裏向きのカードもあるので、それが何が仕込まれているのか、が楽しいゲームです。

「ぶたなかま」は最新のゲーム。農場に置かれた動物タイルをめくっていき、コマを置くか、パスします。コマから直線でタイルを得ることが出来ます。

そのほか、今回は久しぶりにスコットランドヤードドラゴンイヤーがプレイされていました。どちらも名作ゲームです。

次回定例会は6/13(日曜)。第二日曜、場所はくまもと県民交流館パレア会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ