熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ドミニオン大会

禁断の島

キュービッツ

我が街シカゴ

熊本ドイツゲームの会 第103回定例会が2011/06/08(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は大雨になってしまいましたが、25人(男性22人、女3人)が参加されました。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、  ・ドミニオン ・フリックスミックス ・ドクロとバラ ・ブロックス   ・バトルライン ・我が街シカゴ ・禁断の島 ・カタンの開拓者たち  ・ポラリティ ・キュービッツ ・世界の七不思議 ・アグリコラ  ・穴掘りモグラ ・ピラニアペドロ ・ヴィラパレッティ ・ハゲタカの餌食  ・ケイラス ・もんじろう ・ウィザード ・コークス  ・スティッキー ・ラックオー ・セット ・リミッツ でした。

当日開催されたドミニオン大会では12名が参加、予選4名1テーブルで1位+2位の惜敗率トップ1名が決勝に進出する方式で行われました。結果はTさんが優勝でした!

今回は初登場ゲームは 禁断の島、 キュービッツ、 我が街シカゴ、 もんじろう、 リミッツ、 の5つでした。

「禁断の島」は今年のドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた協力ゲーム。全員で禁断の島から宝を獲得し脱出します。

「キュービッツ」はパズル系のゲーム。図柄が描かれたキューブをカードに描かれた図になるように配置します。

我が街シカゴ」は2人用のカードゲーム。プレイ時間も短いです。

「もんじろう」は文字が書かれたキューブを使うゲームでさまざまな遊び方がある日本のゲームです。

そのほか、前回から登場した世界の七不思議などのゲームが引き続き人気でした。

次回定例会は7/10(日曜)。第二日曜、場所はくまもと県民交流館パレア・会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ