熊本ドイツゲームの会 定例会報告

プエルトリコ大会

熊本ドイツゲームの会 第109回定例会が2011/12/18(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、40人(男性31人、女9人)の過去2位の参加者数でした。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、 ワードバスケット、ファンタスミ(ガイスター)、プエルトリコ、ブロックス、 ハゲタカの餌食、トーレス、ハリガリ、穴掘りモグラ、サンファン、お邪魔者、 スコットランドヤード、ラミィキューブ、Q-JET、傾いてる傾いてるよオイ、 オイそれは俺の魚だぜ、マンハッタン、テキサスホールデム、スー、アグリコラ、 ピーパー、ドミニオン、ファウナ、熟語トランプ、どうぶつしょうぎ、 R-ECOリサイクル、世界の七不思議、髑髏と薔薇、ねことネズミの大レース、 カルカソンヌ2、トラヤヌス、コニーアイランド、エセ芸術家NYへ行く、 イントリーゲ、カルドロン、イチゴリラ、ルーンエイジ、クク21 でした。

当日開催されたプエルトリコ大会では10名が参加、予選4名、3名、3名、4名が決勝に進出する方式で行われました。結果はMさんが優勝でした!

今回は初登場ゲームは トラヤヌス、コニーアイランド、エセ芸術家NYへ行く、 イントリーゲ、カルドロン、イチゴリラ、ルーンエイジ、クク21 の8つでした。

「トラヤヌス」はノートルダムなどで知られるシュテファン・フェルドの新作。トラヤヌス帝時代のローマを舞台に権力を競います。「コニーアイランド」は遊園地を作るゲームです。

「エセ芸術家NYへ行く」はお絵かきゲーム。線を一本ずつ描いていきますが、一人だけはお題を知りません。「イントリーゲ」は交渉と裏切りのゲームです。

「カルドロン」はコンピュータゲーム「カルドセプト」をボードゲーム化した同人ゲーム。「イチゴリラ」は神経衰弱をアレンジしたゲームです。

「ルーンエイジ」はファンタジーゲーム「ルーンバウンド」の世界をテーマとしたカードゲーム。「クク21」はククをアレンジし、日本語化したゲームです。

そのほか、「オイそれは俺の魚だ」の日本語版が登場。「もっとホイップを」や「 スー」など久しぶりに登場したゲームもありました。

次回定例会は1/8(日曜)。場所はくまもと県民交流館パレア・会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ