熊本ドイツゲームの会 定例会報告

ブラフ大会

熊本ドイツゲームの会 第110回定例会が2012/01/08(日曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、41人(男性31人、女10人)の過去2位の参加者数でした。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、 6ニムト、カタンの開拓者たち、マンマミーア、ファンタスミ(ガイスター)、 ヴィラパレッティ、ブロックス、操り人形、ブラフ、アップルトゥアップル、 ハゲタカの餌食、コロレット、セット、ハリガリ、スティッキー、穴掘りモグラ、 お邪魔者、スコットランドヤード、フリックスミックス、マンハッタン、 テキサスホールデム、ウントチュース、キジのお嬢さん、ピーパー、ドミニオン、 私の世界の見方、ファウナ、日本乗車券、デックビルド・ガンダム、 世界の七不思議、髑髏と薔薇、もんじろう、レジスタンス、 ねことネズミの大レース、イチゴリラ、クク21、子ヤギのかくれんぼ、 トロルマスター、サンティアーゴ・デ・クーバ、ボツワナ、 でした。

当日開催されたブラフ大会では20名が参加、予選5名、4テーブルで行い勝者が決勝に進出する方式で行われました。結果は初参加のIさんが優勝でした!

今回は初登場ゲームは 子ヤギのかくれんぼ、 トロルマスター、サンティアーゴ・デ・クーバ、ボツワナ、 の4つでした。

「子ヤギのかくれんぼ」は子供用ゲーム。狼に襲われる子ヤギを助けるゲームですが、どこに何匹子ヤギがいるかを覚えておかなくてはなりません。

「トロルマスター」はファンタジーをテーマとした日本製のカードゲーム。「サンティアーゴ・デ・クーバ」はキューバの都市を舞台に港湾で商品を船に出荷していくゲーム。

「ボツワナ」はクニツィア作のゲームでフリンケピンケ(トール)のリメイク。動物のコマが良くできています。

そのほか、「レジスタンス」が何度も遊ばれ非常に盛り上がっていました。また1月定例会は翌日休みということで新年会もおこなれ、これも朝まで盛り上がりました。

次回定例会は2/12(日曜)。場所はくまもと県民交流館パレア・会議室2です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ