熊本ドイツゲームの会 定例会報告

髑髏と薔薇大会

熊本ドイツゲームの会 第119回定例会が2012/11/03(土曜)にくまもと県民交流館パレアの会議室2で13:30〜20:30まで開かれました。当日は、31人(男性26人、女5人)の参加者数でした。ご参加ありがとうございました!

当日プレイされたゲームは、 カタンの開拓者たち、マンマミーア、ファンタスミ(ガイスター)、ブロックス、 ロストシティ、トーレス、穴掘りモグラ、サンファン、ラミィキューブ、 テキサスホールデム、ピーパー、ファウナ、チロリアンルーレット、 カードカソンヌ、世界の七不思議、髑髏と薔薇、レジスタンス、 クク21、キングダムビルダー、村の人生、街コロ、バヌアツ、 コズミックエイデックス、庭のいじわるノーム、フェレータ、 ディクシット・ジャーニー でした。

当日は開催された髑髏と薔薇大会は10名参加、2テーブルで予選を行い、勝者と2位の計4名が決勝に進出する形で行いました。優勝は初優勝となるHさんでした。参加いただいた方、ありがとうございました!

今回は初登場ゲームは 街コロ バヌアツ コズミックエイデックス 庭のいじわるノーム フェレータ ディクシット・ジャーニー トリック・オブ・ザレイルズ でした。

「街コロ」は街を育てていくゲーム。ダイスを振って収入を得てカードを購入していきます。「バヌアツ」はバヌアツを舞台に魚を釣ったり財宝を得るゲーム。「コズミックエイデックス」「庭のいじわるノーム」「トリック・オブ・ザレイルズ」はともにトリックテイキングのカードゲーム。

「フェレータ」は定例会では初プレイ。どちらの陣営に着くか、駆け引きと裏切りのカードゲーム。「ディクシット・ジャーニー」は2009年のドイツ年間ゲーム大賞・ディクシットの拡張版です。

次回定例会は12/16(日曜)。場所はくまもと県民交流館パレア・会議室3です(定例会のページ参照)。初めての方でも気軽に参加できる会ですので、ふるってご参加ください!。



レポートトップ