熊本ドイツゲームの会 定番ゲーム紹介

このページでは熊本ドイツゲームの会でよくプレイされているゲームを紹介します。(なお、一部のゲームはamazon.co.jp経由でオンライン購入出来るようになりました。これはアフリエイトになっており、益金は熊本ドイツゲームの会の活動に使われます)

熊本ドイツゲームの会 from AmazonにAmazonで買えるドイツゲームがまとめられています。

カタン

ドイツゲームの代表的存在。カタン島を開拓していくゲームです。ダイスを振ることで自分の家の周りから産物(鉄、木、土など)を得ます。それを元に道を造ったり、家を造ったり、家を街にアップグレードしたりします。時折、盗賊もおそってきますので、チャンスカードを買って騎士を雇うことも出来ます。

戦略性を伴うゲームですので、大人向けです。世界大会も開かれているほどのゲームですが、運の要素もあるので初心者でも勝てるときがあります。

amazon.co.jpで購入


ワードバスケット

これは日本製ゲームです。しりとりを題材としていますが、かなり頭の発想力、語彙力を問われるスピード系ワードゲームです。

最初に手札としてカードが5枚配られます。カードにはひらがなが一文字書いてあります。バスケットの中に一枚入れてゲームスタート。バスケットの文字で始まって、手札の文字で終わる言葉を考え出します。おもいついたらそのカードをバスケットに投げ込みます。順番はなく、早い者勝ちです。手札を最初になくした人が勝ちです。特殊カードもあります。
amazon.co.jpで購入


6ニムト

大人数でも短時間で楽しめる傑作カードゲームです。
カードには1〜104までが書かれてあり、最初に手札を10枚配ります。カードを4枚、場に出してゲームスタート。全員が手札から一枚を選択して出します。小さい数から順に場のカードの横に並べていきます。並べる場所は出したカードより小さくて一番近い数の横ですす。ただし、置いたカードが6枚目になったらその列のカードを全て取らなくてはなりません。取ったカードは手札とは別にしておき、それが失点になります。

失点は数ではなく、カードに書かれている牛の首の数です。10枚全て出し終わって牛の首の数が最も少なかった人が勝利です。

amazon.co.jpで購入


マンマミーヤ

ピザを焼くゲームです。
手札には、ピザのレシピカードと、ピザに載せるトッピングカードがあります。手番には同じ種類のトッピングカードを何枚かとレシピカードを1枚まで出せます。レシピには必要なトッピングが書かれています。そのレシピのピザを焼くためには、カードを出す前にそのトッピングが出されている必要があります。

山札がつきたら出されたカードを裏返し、一枚ずつ調べていってピザが焼けているか確認します。このときにトッピングが足りなくても手札から出せるので、とりあえず見切り発車でレシピを出しておき、あとでトッピングを用意することも可能です。

amazon.co.jpで購入

プエルトリコ

プエルトリコでプランテーションを経営します。
プランテーションでインディゴやコーヒーなどを生産するには、工場も必要ですし植民者も必要です。工場を建てるにはお金がいりますが、これはインディゴなどの産物を売ったり、金鉱を掘ったりして稼ぎます。

しかし、重要なのは産物の海外への出荷です。船に積み込めるだけ産物を積み込んでいきます。

特殊な建物などもあり、非常にルールが多いゲームですが、とてもやりこみがいがある人気ゲームです。

amazon.co.jpで購入

サンファン

プエルトリコのカードゲーム版といっていいゲームです。プエルトリコよりもルールが簡単で手軽にプレイできます。
プエルトリコの主都「サンファン」で建物や農地を建築していきます。コーヒーやインディゴなどの農地で生産し、商品を売ってお金(カード)を得ます。得たカードで建物を建てます。建物には特殊な能力があります。

手軽で奥が深く、また日本語版もあることで初心者でも楽しめる今人気のゲームです。

amazon.co.jpで購入


ブロックス

単純ながら奥が深いフランスのゲームです。
全員に同じ形のブロックがあります。これを手番に一つ置いていくだけです。
ただし、自分のブロックの角と角をつなげるような置き方しかできません。他の人のブロックとはどう接してもかまいません。

これをおけるだけ置いた人の勝ちです(最後に残ったブロックのマス数で勝負が決まります)。

amazon.co.jpで購入


アップルトゥアップル

アメリカの傑作コミュニケーションゲームです。
まず親が緑のカードを引きます。これには形容詞がかかれており、お題となります。お題は例えば「かわいい」などで、これにあったカードを親以外の人は手札から裏向きに出します。手札は赤のカードでこれには名刺が書かれています(小泉純一郎など)。全員が出したら親はそれを誰が出したかわからないようにしてから一枚ずつオープンしていきます。

親はその中から一番お題にふさわしい物を選びます。選ばれた人は、緑のカードをゲットし、それを規程枚数集めた人が勝利になります。親は持ち回りです。
親がどのような考えでカードを選択するかを考えてカードを出しましょう。受けねらいのカードも出てたいへん盛り上がるパーティゲームです。
amazon.co.jpで購入


ラミィキューブ

ラミィキューブ

イスラエル生まれで世界中に普及しているゲームです。ドイツでも1980年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞しました。数字で役を作るゲームですがテーブル上の役を利用して新しい役を作ることが出来るのが最大の特徴です。やり始めると癖になります。

amazon.co.jpで購入


コークス(CORX)

CORX イギリスのパブで最近流行している(らしい)ゲーム。ルールは簡単。コルクを落として立てるだけ。黒の面が上なら2点、赤の面が上なら1点。で先に21点を取った方が勝ち。ただし21点ちょうどでなくてはならない。コルクを立てるのは難しいですがコツをつかむと立てられるようになります。

コークス

メーカー:ハナヤマ
著者:
発売日:


熊本ドイツゲームの会のトップへ